外壁塗装の業者選び、シロウトでも騙されない簡単なチェック方法

住宅の外壁は定期的に塗装塗り直しメンテナンスが必要になります。そんな外壁リフォーム塗装の業者選びで、塗装に関してシロウトでも絶対に騙されない簡単なチェック方法について解説しています。
MENU

戸建外壁を塗り替えなければならない理由

建物は紫外線をはじめとする自然現象により、経年劣化していきます。

 

屋根・外壁といった部分は特に強い日差しを受けたり、雨風雪などの環境に晒されているため、このような過酷な環境下において劣化を防ぐためには外壁などの定期的な塗り替えが必要です。

 

戸建ての外壁をこれらの環境から守っているのは塗装による塗膜です。

 

戸建てにおける外壁は、おおよその場合モルタルもしくはサイディング材となっています。

 

塗膜があるうちは水にも強く頑丈ですが、雨風・紫外線により徐々に塗膜が剥がれ防水効果が無くなったり、水が外壁材に直接触れることによりカビてしまったり、外壁材のつなぎ目であるシーリング材も劣化してひび割れてくるなど破損が生じてきます。

 

その結果、雨漏りが発生することもあります。

 

怖いのは、見えない部分である壁内部への雨漏りです。

 

劣化により出来た隙間(クラック)から侵入した雨水は、家を支える柱まで届いた場合、骨組みを腐食させてしまいます。

 

骨組みが崩れてくると家のさまざまな箇所に歪みが生じ、窓やドアの開閉に多大な影響を及ぼすのです。

 

このように、外壁にクラックを見つけたときは塗り替えが必要である時期ということになります。

 

最悪の事態にならないように、定期的なチェック・メンテナンスが重要です。

住宅外壁を塗り替え時期のタイミング

住宅外壁は毎日砂ぼこりなどにさらされ、紫外線を浴び続けています。

 

一般的な外壁の塗り替え時期のタイミングとして考えられるのは、

 

家を建ててから約10年目くらいの頃

 

と言われています。

 

この頃になると、外壁にひび割れができたり、屋根が雨漏りしたり、塗装がはげたりするようになります。

 

目で劣化がわかることがありますが、表面上に出てきていないサビやカビが内部で発生していることもあるようです。

 

築10年もすれば汚れが目立ち、外壁につやがなくなってきます。

 

塗装がはげていたり、ひび割れが多いと見た目が悪いだけでなく、建物の強度的にも不安が残ります。

 

月に1度程度は、ご自宅の周りをぐるっと一周してみてください。

 

なお、新築から10年目くらいまでは、まだ建物が新しいからこの程度の間隔の塗り替えですみますが、10年目以降は5年間隔ぐらいで塗り替えを考えた方がいいかもしれません。

 

劣化がひどくなってから外壁の塗り替えを行うと、塗装費用が高いものになります。

 

そうなる前に塗り替えのタイミングをはかり、定期的に塗り替えを行うことで費用を抑えることができるでしょう。

 

少しでも早く劣化の場所を発見することが、塗装費用の節約へとつながります。

住宅外壁塗り替えにかかる費用の内訳

住宅外壁の塗り替えメンテナンスをしようと考えた場合、総額の費用はまとまった金額になることを覚悟しなければなりません。

 

塗り替えの内訳ですが、塗り替えに取りかかる前には足場の設置が必要になります。

 

たとえば下屋根のない総2階建ての住宅であれば、東西南北の4面全体に足場をかけなくてはなりません。

 

しかも外壁の面積よりも架設面積は広いので、仮設工事だけでかなりの金額になります。平均値で住宅外壁金額の2割程度はかかるかもしれません。

 

足場を設置して飛散防止ネットを張り巡らせたら、今度は塗り替え前の洗浄作業です。

 

この作業は洗浄機による高圧水の洗浄で必須の作業です。

 

住宅外壁の洗浄が終わると、下地処理という作業が行なわれます。

 

これは住宅外壁の傷んだ箇所を補修する作業です。

 

補修に関しては傷み具合が軽ければそれほどの金額にはなりませんが、かなり傷んでいる場合には高額になります。

 

たとえばサイディンクの接合部分のコーキングがすっかり劣化していて打ち直しが必要となると、古いコーキングを除去してから新しいコーキングを打ち直すようになるので当然金額が跳ね上がります。

 

下地の補修が完了してから塗り替えの作業に入るわけですが、塗り出す前には塗料が住宅外壁以外に飛散しないようにマスキング、養生という作業が必須です。

 

この工程は住宅外壁の塗装単価の内訳には含まれていないかもしれませんが、業者の塗装代金の中には計上されています。

外壁塗装、訪問販売業者の悪質な手口とは

悪質な外壁塗装業者のほとんどは、訪問販売業者と言われています。

 

悪質な業者がきちんとした店舗を持っていることは少ないからです。

 

外壁塗装業者かどうかすら怪しいものです。

 

外壁塗装はその工程や工事にかかる料金の相場などがわかりにくいため、業者の中には消費者の知識不足につけ込んで手抜き工事を行ったり、高額な工事費用を請求したりするケースがあります。

 

訪問販売業者の悪質な手口としては、「外壁塗装工事のモニターになってほしい」などと依頼してきて、モニターのお礼として塗り替え工事費用を安くするなどと提案します。

 

「そんなに安く外壁塗装工事ができるなら」と引き受けてしまいがちですが、適当な工事をされて、その修理費用が高くつく場合があります。

 

「お金がない」と言えば高額なローンを組まされ、そのローンが解約できなくなるようなこともありますから注意が必要です。

 

断るときは、ハッキリと断りましょう。

 

なにより訪問業者は家に入れず、近くに店舗があり、実績のある業者と契約することが重要です。

 

契約してしまってから「おかしい」と思ったときは、訪問販売の場合はクーリングオフの制度が可能なこともありますから早めに対処しましょう。

メニュー

このページの先頭へ